歯周病の予防研究から生まれた歯磨き法、つまようじ法の磨き方

歯と歯の間が磨ける爽快感! マッサージ効果で歯ぐきが強くなる!

歯周病の予防には、歯肉をマッサージすることが大切です。そのためには、つまようじを使うように歯と歯の間をみがく「つまようじ法」が効果的です。 「つまようじ法」のマッサージ効果で、歯と歯の間の歯ぐきが強くなります。

つまようじ法を動画で紹介。(再生ボタンをクリックしてください)

CGによる解説

表側の磨き方

下の前歯 表から

上の歯は、毛先を下に向け、歯と歯の歯ぐきの境目に当てます。(下の歯を磨くときは逆に毛先を上に向けます)

そのまま、毛先を歯の先端に向かって滑るように動かします。
毛先が歯間に入ったら、元の位置まで戻します。この動きを1カ所約10回繰り返します。

下の奥歯 外側から

毛先を歯間に当てる角度は、ほぼ直角が目安。(上の歯はやや下向き、下の歯はやや上向きの感じで)

裏側の磨き方

これを裏側から見ると・・・

裏側は歯ブラシの先端を使い歯間をつつくように1カ所約10回出し入れ繰り返します。歯間の大きさに合った毛の量が入っていきます。

下の前歯 内側から

歯の表面やかみ合わせの部分など、部位によってはつまようじ法以外の磨き方も用いて磨いてください。V-7歯ブラシ1本で全体を磨き上げることができます。

つまようじ法を行うと・・

  • 歯ぐきからかなり出血することがありますが、出血は通常1〜2週間で止まります。(これは、ブラッシングのマッサージ効果で歯ぐきが強くなるからです)
  • 歯周病で腫れていた歯ぐきがひきしまってくるため、歯ぐきが下がってくることがあります。
  • 1日に1回は7〜8分ほどかけてていねいに磨くことをおすすめします。

◎つまようじ法は歯周病の予防と治療のための磨きかたです。
◎つまようじ法を続けていて、万が一症状が悪化したと感じられる場合は歯科医師にご相談ください。